隣人トラブル

以前主人の社宅として住んでいたアパートの話です。
転勤を機に結婚をすることになり、夫婦二人で住むのには十分な2LDKで、なんとなくおしゃれなイメージがあったメゾネットタイプのアパートに住まいを移すことになりました。仕事の都合で主人が先に引っ越し、追って私が引っ越すことになりました。
そこで主人の引っ越しの日、引っ越し業者が荷卸しをしているとお隣の奥様が「人の迷惑を考えなさいよ!!!」と、捨て台詞を吐いてベランダから監視。さらに玄関先までまわり人の荷物を凝視。主人から、「ちょっとお隣さん口うるさいかも・・・」とその日の出来事を聞きました。後日寝室のエアコンを取り付ける工事の際も、同様に罵声をかけられたみたいです。
後日、追って私自信の引っ越しの際は特になにもなく終わったので、私自身が被害を直接受けておらず、虫の居所が悪かったのかな~と思いそんなに気にすることもなく生活をしていました。それまで主人も私もアパート住まいが長かく、人様より仕事が遅く始まり、遅く終わるので、寝るときはいいのですが、隣人や上の階の住人の目覚ましや足音で起こされることもしばしばありましたが、それはお互いさまだよね。と、飲み込んで生活をしていたので、多少の生活音が聞こえていようとそこまで気にはしません。
実際生活をしてみても、お隣の足音や、掃除機の音や、何かの機械音?、地団駄を踏むような音等隣から聞こえてきましたが、こちらから特に苦情を言うまでの程でもないと思っていました。
一方、実際に苦情を受けた主人としては、もう苦情を言われるのが嫌なので、私の階段を降りる際の足音から始まり、テレビでゲームをする時の音(最終敵に昼間からヘッドフォンでやっていました)など、極力接点を持たないように生活音を殺して生活をしていました。窮屈だな~とは思いつつ、矢面にたつのは主人なので私も従っていました。
そんなある日、ゴミ捨てに行く際に私が玄関先をでたときにちょうど隣の奥様と鉢合わせになりました。玄関先の掃除をされていたようです。
私に気付いたら私の顔を見ようともせず、「早くいなくなればいいのに!!」と捨て台詞を履かれました。一瞬なにを言われたか理解できず、スルーをしましたが、家の中に入ってようやく罵倒されてたのがわかりました。その事を主人に言うと、悪質だから管理会社に電話をしよう。と、すぐさま電話をかけました。
そこでわかった事実。お隣の方は、私たち夫婦にたいしての騒音クレームをすでに管理会社にだしていたらしく、例えばどういう事ですか?と、管理会社の方が尋ねると、
「昼間の洗濯機の音がうるさい」との事でした。担当の方も唖然・・・早くいなくなって欲しいからってその言いがかりはないだろうよ・・・。
そういえば、洗濯回してる時に地団駄踏んでるみたいな音がよくしてたなあ~と、ようやく気付く私でした。
妊娠を気に、赤ちゃんに悪い影響は与えたくない!と引っ越しをしましたが、次にあの部屋に引っ越しされた方は大丈夫かな・・とたまに思うことがあります。
今は鉄筋のマンションになりますし、お隣の方に罵倒されることもないので、快適に過ごしています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*